安全性や環境を整えるために必要なこととは

SUNLIGHT

地盤の改良を行なう

地盤改良と、今後の予測について

地盤改良は、建物などを建てるさいに、その建物が建つ地盤の状態を人工的に改良を加えて安定性を増すためのことです。 一般に地盤改良といえば転圧によって地盤を固めることが行われてきましたが、軟弱な地盤の場合には転圧だけでは改良ができないため、50センチから3メートル程度の深さまで改良すべき地盤を掘り下げ、そこに石灰やセメントといった硬化する材料を混合しながら埋め戻すことで、安定した地盤とする場合があります。 現在の建築の分野では、造成を行う時点で地盤改良も同時に行われるのが一般的ですし、高層建築物を建てる場合には、その基礎をしっかりとさせるために地盤改良を行ってから建築物を建てるケースがほとんど、今後も建物が作られ続ける限り、増えていくと予測されます。

地盤改良の費用と注意点について

地盤改良の費用は、その工法によって異なりますが、一般的な地盤で行われるのが表層改良工法です。こちらは深さ2メートルまで掘り下げて、硬化する土を埋め戻すことで、安定した地盤を得るというものです。一般的に費用は坪あたり3万円程度と言われています。一方で、この表層改良工法では、極めて軟弱な土地では効果が薄い場合があり、その場合には安定した地盤まで柱状の穴を掘って、硬化する土を埋め戻したり、鋼管の杭を打ち込むといった方法で地盤改良が行われます。 地盤改良の注意点は、その地盤に果たしてそれだけの改良で十分なのかどうか、わかりにくいということです。特に柱状の穴を掘ったり、杭を打ち込む場合には、安定した地盤にまでしっかりと到達したのかの判断が難しいというデメリットがあります。

Copyright (c) 2015 安全性や環境を整えるために必要なこととは all reserved.