安全性や環境を整えるために必要なこととは

SUNLIGHT

地盤調査の方法

地盤調査の方法をお教えします。

地盤調査の方法としては、3つの方法があります。 1つめは、スウェーデン式サウンディング調査です。 木造住宅を建築する際に多くされる調査方法です。地面の中に、キリみたいな先のとがった器具を入れます。25cmまで差込までに、何回転器具を回した値で、地盤の強さを表すN地を推定します。敷地全体で役5箇所するので、価格相場は、5〜8万円です。 2つ目は、基本的なボーリング調査です。 基本的ですが、コストが掛かる為一般の木造住宅用の地盤調査にはあまりしません。  3つ目は、表面派探査法です。 表面かた地中に向けて、振動派を発信して調査する方法。硬い地盤だと振動派の伝達が速いので、それで判別します。 スウェーデン式サウンディング調査よりも正確です。

地盤調査のセカンドオピニオン。

今や病院でも、セカンドオピニオンがあるのですから、地盤調査もセカンドオピニオンを受けてもいいではないでしょうか。 地盤改良には多額の金額がかかることもありますので、セカンドオピニオンを受けて、しなくてもよくなったら、それはとってもうれしい話ですよね。 スウェーデン式サウンディング調査は、実は解析基準が確立されておらず、地盤調査会社も断定的な判断が出来ないのです。なので、安全を考慮して改良することが多いんです。  セカンドオピニオンでは、近隣の地盤の膨大なデータや再調査で結果を出します。  昔々の地図とかで川だった場所が地盤がゆるいことが多く、沈下する可能性がありますので、自分なりに自分の住んでいる地域の地図を見てみるのもいいですよ。                        

Copyright (c) 2015 安全性や環境を整えるために必要なこととは all reserved.