安全性や環境を整えるために必要なこととは

SUNLIGHT

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとしての太陽光発電を農地で行う

東日本大震災以降、原子力発電所が全面的に停止しているため、火力発電中心の日本ではLNGや原油の輸入が増えているため大幅な貿易赤字が続いています。国内での再生可能エネルギーの活用が叫ばれており、行政サイドでも農地に支柱を立てて太陽光オアネルを設置するソーラーシェアリングが出来るようになりました。こうした対応によってこのソーラーシェアリングを導入するケースが増えてきています。ソーラーシェアリングは営農型太陽発電とも呼ばれ新しい農業の形として注目されています。野菜も太陽の光をいっぱいに浴びる必要がないので、太陽光パネルと空いた空間とを用いて太陽光の最適な量を野菜の到達するように工夫をすることは重要です。

ソーラーシェアリングを出来るだけ安くする

ソーラーシェアリングが可能になって以降、積極的に農業に取り組んでいる人から採用が進んでいるように感じられます。太陽光パネルについては価格の下落傾向が顕著になっているので、比較的安いコストで設備を設置することが出来るようになって来ています。太陽光パネルの設置方法をよく考えて野菜の均等に太陽の光が当たるように工夫しなければなりません。ソーラーシェアリングの目的は太陽光発電にあると同時に野菜の収量をきちんと確保することにもあるからです。適度に太陽が当たることにすることが収量の増加に繋がるということになれば一石二鳥ということになります。日本はエネルギー問題に加えて食料自給率の問題もありますからこうした動きが広がることは望ましいことです。

Copyright (c) 2015 安全性や環境を整えるために必要なこととは all reserved.